MENU

世の中の男性にとって、薄毛は深刻な悩みの一つとなっています。

 

従来なら、中高年の悩みとなっていた薄毛ですが、近年ではストレスや食生活など、さまざまな要因が重なり、10代や20代の若い世代でも、薄毛は深刻な悩みとなっています。

 

そんな中、近年目覚ましい進歩を見せているのが、AGAの治療薬です。

 

かつては薄毛の原因がはっきりとわからず、遺伝や体質だとあきらめている男性も多くいましたが、医療機関でAGAの研究が進み、効果が高いとされる薄毛治療薬が次々と開発されています。

 

ただ、高い発毛・育毛効果がある反面、中には副作用に悩まされる薬も存在し、体に害を及ぼすケースも少なくありません。

 

 

AGA治療薬としてもっと効果があるとされるプロペシアは、もともと前立腺肥大症に対して使用されていた薬であるフィナステリドが、男性の脱毛予防に効果があるとして、開発された薬です。

 

このフィナステリドは、特に前頭部の薄毛に効果があり、薄毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制します。

 

ただ、性欲減退や勃起不全などの副作用があり、効果が現れないというケースも少なくありません。

 

 

一方、ミノキシジルは、 血管拡張の効果があるため、頭皮の血行不良によって起こる頭頂部の薄毛に効果があります。

 

ただ、頭皮のかゆみななどの副作用が起こることもあり、経口タイプのものは、より血管拡張作用が顕著に現れて、思いもよらない副作用におそわれるケースもあります。

 

それは、頭部だけでなく、額や指などのこれまで毛が生えていなかった部分にまで太い毛が生えてくるというものです。

 

また、心臓や肝臓、腎臓などへの負担も大きいとされ、使用するには注意が必要になることもあります。

 

 

このように、それぞれの薬には、メリットだけではなく、デメリットもありますから、十分理解した上で使用することが大切です。

 

特に、最近では、インターネットでフィナステリドやミノキシジルが配合された育毛剤や内服薬が販売されています。

 

ただ、中には全く発毛効果がないものや、体に有害な成分が配合されている偽薬も少なくありませんから、購入する時には信頼できるサイトから購入するようにしましょう。

 

また、AGAは進行性の薄毛で、放置していると徐々に薄毛が進行し、気が付いた時には手遅れということもあります。

 

早期に治療することで薄毛の進行を遅らせることもでき、治療費も抑えることができますから、薄毛が気になりだしたら一度専門のクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。