MENU

薄毛や抜け毛の原因にはいくつかあります。

 

安易に市販されている育毛剤などを使用し続けていると逆効果で抜け毛が加速する可能性もあります。

 

そのため薄毛や抜け毛が気になった場合には病院で正しい診断のもと薄毛治療をすることが良い選択となります。

 

 

薄毛治療は皮膚科で受けることができます。またより薄毛の治療に特化して薄毛専門の医療機関で治療をすることも良いです。

 

薄毛の原因には遺伝的なものや生活習慣、ストレスなどがあり原因を特定することは個人では難しいです。

 

皮膚科で専門の薄毛治療をする場合は、カウンセリングで原因を見極め、個人差はありますが薬での治療を行ないます。

 

内服薬を服用したり外用薬を頭皮に塗布したり、頭皮マッサージなどを行ないます。

 

 

男性で薄毛の原因のひとつにAGAがあります。

 

このAGAは男性ホルモンが影響しており、生え際や頭頂部から髪の毛が薄くっていくことが特徴的です。

 

また進行するため個人での治療はできないため病院での治療が改善のためには必要です。

 

 

基本的なAGAの治療は、プロペシアで薄毛の進行を止め、ミノキシジルなどで毛母細胞を活性化させます。

 

また生活習慣も薄毛に影響するため、生活習慣へのアドバイスや頭皮ケアなど発毛に必要な頭皮環境を整える治療を行ないます。

 

プロペシアだけを服用するよりも他の治療法を併用することでより高い効果が得られます。

 

 

薄毛治療に欠かせない薬はプロペシアですが、基本的には病院で処方される薬です。

 

インターネットで個人輸入すれば購入することができる薬でもありますが、殆どはジェネリックで偽造品や粗悪品が販売されている場合もあります。

 

体に悪影響を与える可能性もあるため、病院で処方してもらうことが大切です。

 

 

男性型脱毛症のAGAの原因は遺伝や男性ホルモンの影響が考えられますが、生活習慣やストレスが影響している場合も稀にあります。

 

原因が遺伝とわかる場合にはプロペシアでの治療が最も有効で、原因不明の薄毛とは異なり男性型脱毛症の専用に開発された薬なので遺伝による薄毛には最適なのです。

 

若いうちから薄毛になることもあります。年齢が若いとなおさら病院での治療は躊躇しがちですが、実は治療は早めに始めるとより効果的なのです。

 

シャンプーやドライヤーの使い方、睡眠や食生活など生活習慣を改善することから始めるだけでも効果があらわれることがあります。

 

生活習慣を改善しても薄毛が進行する場合はAGAの可能性があるため、薬による治療を行ないます。

 

20歳以上であればプロペシアが処方可能なので早めの治療ができます。