MENU

ストレスや生活の乱れなどいろいろな要因が重なり、薄毛に悩む女性が増えています。

 

 

男性の薄毛治療は今や一般的なものですが、女性の薄毛治療も病院で行われています。

 

男性と女性では薄毛の根本的な原因が異なることが多いため、その治療法も異なっています。

 

そのため女性が薄毛治療を受ける場合は、女性用の薄毛治療を行っている病院に行く必要があります。

 

 

男性が薄毛になる原因は、主にジビドロテストステロンという男性ホルモンの影響によることが多いです。

 

そのため、男性の場合はこのジビドロテストステロンの働きを弱めることと、植毛が主な治療法となります。

 

一方女の人の場合、男性ホルモンの分泌量は少ないため、ジビドロテストステロンの働きが薄毛の原因になることは少ないです。

 

 

では一体何が原因で薄毛になってしまうのでしょうか。

 

それは単純に発毛成長因子の働きが弱くなっているからです。

 

発毛成長因子とは発毛の促進や髪の元気さを保つための6種類の因子のことです。

 

この発毛成長因子の働きを活発にすることで、女の人の薄毛治療を行います。

 

 

具体的な治療の流れとして、まずは医師とのカウンセリングを予約して、費用や通院頻度のカウンセリングを行います。

 

その後の初診で頭皮の状態や薄毛になってしまった原因を特定し、実際の治療を行っていきます。

 

頭皮の状態や治療を行う頻度にもよりますが、月一の診療で薬代込みで月2万円程度が相場です。

 

男性であれば薄毛になってしまえばいっそ坊主やスキンヘッドにしてしまうという選択ができます。

 

それでも薄毛に悩み治療を行う男性はたくさんいます。

 

まして女の人にとって髪は命というように大切なものです。

 

 

治療費はけっして安いものではありませんが、悩んで辛い思いをするくらいなら治療を受けて前向きになる方が良いでしょう。

 

薬の処方により体内の発毛因子の働きを強め、ほとんどの患者が薄毛の治療に成功しています。

 

 

また薄毛の状態がひどい場合には、自毛植毛という方法も可能です。

 

自分の頭皮の他の部分を薄毛部分に移植するという方法です。

 

この方法の費用は30万〜100万ほどかかりますが、ほぼ確実に薄毛を治療できます。

 

しかし、体内の発毛因子の作用を強くしたわけではないので、治療後も他の個所が薄毛になる可能性はあります。

 

その場合は再び植毛治療を行う必要があります。

 

薄毛の進行が著しい場合や薬が効かない場合を除けば、基本的には体内の発毛因子を改善していく方法が良いと言えます。