MENU

効果的な薄毛治療には、薬の服用と頭皮に育毛剤等を直接注入する方法の2種類があります。

 

ネットの普及により、薄毛の原因が主に先天性(遺伝)によるものが主であることを広く認知されるようになってからは、早期の段階で専門クリニックへ訪れる方が増え、良い結果を得られています。

 

専門クリニックでは、血液検査やアレルギー検査などで薄毛の原因を調べ、各患者に適したオーダーメイドの治療が行われるので、副作用も軽減できます。

 

 

薄毛治療では、主に髪が抜けるのを抑えることと、髪が生え代わるサイクルを整えることを行います。

 

髪が抜けるのを抑える薬は、他科の医師でも知られているほどメジャーな薬を服用します。

 

この薬は、専門クリニック以外に、皮膚科や内科などでも入手できるほど信頼度が高く、1錠200円ほど、1ヵ月で6,000円ほど、診察代込みでも1万円ほどで済みます。

 

1ヵ月分の費用が高いか安いかは、各自で異なりますが、90%近い確率で抜け毛を抑えることができると言われています。

 

 

頭皮に育毛剤や栄養剤を直接注入する治療法は、皮膚科でも専門医がいるとこでなくては受けられません。

 

特別なライセンスがいるこの治療法では、頭皮に直接注入するので無駄がなく、発毛率は驚異の90%越えです。

 

つまり、さきほどの抜け毛を抑える薬の服用と直接注入を併用すれば、90%以上の人が若々しい生活を送ることができるということです。

 

 

以前までは、医学的根拠のない眉唾物の育毛剤や発毛剤が流通していましたが、ネットが普及した現在では、具体的な費用や効果、実績を知ることができるので、確かな薄毛治療を受けることができます。

 

 

ネットの普及にはデメリットもあり、上記の抜け毛を抑える薬をネットで購入することができます。

 

日本の法律では、個人が使う分には、処方箋なしで海外から輸入して使用することができます。

 

少しでも費用を抑えたいと思う方には、海外製のジェネリック医薬品を輸入して使用すれば、診察代はかからず、病院へ行く手間も掛からず、薄毛を抑えられるので、魅力に感じるのも無理がありません。

 

ただし、個人輸入したジェネリック医薬品が正規のものである保証はなく、説明書も日本語表記でなければ副作用などを正しく知ることも困難になります。

 

専門クリニックや皮膚科では、検査が毎回行われるので、症状に応じて臨機応変な対応をしてもらえますが、個人輸入では終始自己責任になります。

 

 

国内の高確率な薄毛治療も、治療を中止したら、その時点で薄毛が進行するのが先天性の宿命、住宅ローンや子どもの学費などを考慮して治療を始める必要があります。