MENU

薄毛治療薬を購入するとなると、医療機関に相談する必要があります。

 

しかし、医療機関に相談に行くとなると、他の人にバレてしまう可能性もありますし、診療時間内に医療機関を訪れるのが難しい場合もあります。

 

薬局やドラッグストアで気軽に購入することが出来れば良いと思っている人も少なくはないでしょう。

 

 

では、実際に薄毛に対する治療薬は薬局やドラッグストアで購入することが出来るのでしょうか。

 

それは、残念ながら購入する事は出来ません。

 

その理由としては、薄毛治療薬は医療用医薬品に分類されているためです。

 

このような分類になっている医薬品を購入する場合には、医師の発行した処方箋が必要になります。

 

処方箋は病院で診察を受けなくては発行してもらうことは出来ません。

 

 

また、医療用医薬品の場合は、全ての人が利用することが出来るというわけでもありません。

 

体質や体の状態、服用している医薬品との組み合わせによっては、薄毛治療薬を服用することで重大な副作用が生じる可能性も少なからずあります。

 

そのため、医師の診察が必要となるのです。

 

特に、男性用に開発された治療薬は、女性や小さな子供が服用することはもちろん、触ることでも副作用が生じる可能性があるものもあります。

 

 

以上のことから、薄毛の治療薬は医療機関で処方箋を発行してもらい、購入するという方法が一般的です。

 

しかし、どうしても医療機関を訪れたくないという場合には、もう一つの方法があります。

 

それが、海外から輸入するという方法です。

 

医薬品を海外から輸入するという場合、それが個人で使用する目的である場合には、規制の対象とはなりませんので、購入することに法律的問題は一切ありません。

 

しかし、海外の業者とのやりとりの中ではトラブルが生じる可能性もあります。

 

そこで、初めて個人輸入をするという場合には、代行業者を利用すると良いでしょう。

 

 

豊富な経験と実績のある業者を選ぶことにより、安心して任せることが出来ますし、業者の中には独自の成分検査を行っているところもあります。

 

海外から輸入される医薬品の中には、少なからず効果の無いもしくは危険性のある偽物が含まれていると言われています。

 

成分をチェックしている代行業者を利用することで、偽物を購入、服用することによるリスクを軽減させることが出来ます。

 

医療機関で購入するよりも、手頃な価格で購入することが出来るということも個人輸入を利用する大きなメリットと言えるでしょう。