MENU

多くの男性にとって薄毛は極めて深刻な症状として受け取られるものです。

 

頭髪のボリュームが変化すると外見的に大きく変容し、短期間のうちですっかり老け込んでしまい、鏡を見るたびに大きなストレスにさらされることもあるでしょう。

 

そんな薄毛を引き起こす典型的な原因としてAGAという病気が注目を集めています。

 

 

このAGAを発症すると、男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が互いに反応してDHTという物質を出します。

 

これを毛乳頭が持つ感知機能が察知することによって毛母細胞の細胞分裂が鈍化し、頭髪の成長サイクルが大きく乱れてしまいます。

 

こうして頭髪が退行期や休止期に陥る期間が長引くことで抜け毛や薄毛が進行してしまうのです。

 

 

これらの症状に対してAGA病院では様々な薄毛治療を提供して改善に導いてくれます。

 

まずは最初にしっかりと問診や触診を行った上で、必要に応じて遺伝子検査を行うことでAGAか否かを確認します。

 

通常のクリニックではここまでの検査能力がないため、AGAかどうかはっきりとしないまま治療を続けていくことになるので、この最初の段階で大きな違いが生まれるのがAGA病院の違いです。

 

 

そこから始まる専門治療としては、フィナステリドを配合したプロペシアなどの飲み薬の処方によって5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの分泌量を抑制します。

 

この特効薬によって頭髪の成長サイクルを元の正常な状態に戻す効果が得られます。

 

これに加えてミノキシジルなどの育毛剤を外用薬として処方することで、頭皮の毛細血管を拡張させて血流量を増加させて栄養分がより多く補充される状態を形作ります。

 

こう言った二種類の特効薬がAGA治療の基本となります。

 

 

その上で、薄毛治療では他にも様々な処置が行われます。

 

例えば頭皮の洗浄によって毛穴に詰まった皮脂などの汚れをしっかりと除去したり、あるいは問診によって判明した頭髪に悪影響を及ぼす生活環境を一つずつ指摘して改善へと導くことも重要な治療の一環となります。

 

これらの治療では効果がない場合には、頭髪の成長を促す栄養分や成長因子を配合した特殊なエキスを頭皮に注射する薄毛治療も行っています。

 

さらに幹細胞を採取して培養することによって頭髪の毛母細胞を復活させる再生医療などを実施している専門クリニックも存在します。

 

 

また頭皮の毛包がすでに消滅してしまっている場合、自らの健康的な頭髪を採取して自毛植毛を行うのも効果的です。

 

こうして植え込んだ自毛は遺伝子的にも定着率が高く、これがうまくいくと一生ものの頭髪として成長させていくことも可能です。